墓石の価格を安く抑えて立派なお墓を作る【墓地情報】

お墓作りの土台

小さめの墓地

当然ながらお墓はどの地域のどの場所に立てて良いという訳ではありません。ちゃんと都道府県知事の許可が下りている地域の場所となっています。お墓の墓石を変えるなどの建て替えではなく、一からお墓を作るのであればまずは建てる土地を選ばなければなりません。いわゆる霊園などといった公営墓地や民営墓地そして寺院墓地があります。この三つの墓地を選択してお墓を建てる事になるのです。どの墓地にもメリットはありますし、メリットとは裏腹に大変である事ももちろんあります。それを良く調べてからちゃんと墓地を選びましょう。墓石はどうするか価格はどうするかという事ももちろん大切でありますが、他にも大切な事はあります。そのひとつがお墓を建てる墓地を選ぶという事です。まずは情報を集める事から始めましょう。中には相談に乗ってくれる石材店もありますが、石材店は墓地が決まった後にお世話になるお店であります。石材店はまたのちほどとして、インターネットやタウン誌などを使って墓地の情報を得ましょう。墓地選びも墓石と同じで適当に決めてはなりません。ましては管理費などの価格が安いからという理由で決めるなんて事は絶対に行ってはなりません。墓地周辺の交通機関や環境などを知って、管理費の価格や御布施の金額を知りましょう。色々と検討する材料となる情報が集まったのであれば、家族でしっかり話し合いをします。そして墓地を選びぬきその墓地と契約をするのです。そしてやっと石材店へと墓石とどのようなお墓にするのかを相談しに行きます。

いよいよ墓石選びとなりますが、その際ですが多少の知識があると墓石選びもスムーズになり、価格の良し悪しもはっきりと区別が付くようになります。墓石には和洋の双方とデザイン型の物が存在しています。多くの墓地で見かける物は和型墓石になります。しかし洋型墓石も人気が近年高くなっていますので、どちらを選択しても問題はありません。そして現在はデザイン型も増えてきています。これは一からお墓をデザインしてしまうという大胆な物であり、そして個性が十分に発揮されますのでとても素晴らしい物となっています。一般の方よりは有名人の方が多くデザイン型のお墓を持っています。スポーツ選手であればそのスポーツに関する形をしているお墓にデザインをするなど、デザイン型のお墓は様々な可能性を秘めています。確かに通常の和洋型よりは価格は高騰してしまいますが、こだわりたいのであればデザイン型を選択してみましょう。そうでなければ和洋のどちらかそして和型五輪塔墓石といった、歴史的な雰囲気が溢れるお墓を選択します。形が決まったのであればいよいよ石材を選択する事になります。